海辺リモートLIFE 〜海辺で二拠点生活〜

海辺での二拠点生活。築35年の中古マンションをリノベーション。二拠点生活やリモート生活、リノベーションに関することを紹介。

二拠点生活 灯油ストーブ初購入

f:id:umibe_remort:20200701071126j:plain

 

今日は入居してしばらくしてからのお話。これからの季節とは真逆の話。

入居開始したのは2月。まだまだ寒い日々が続く季節。

部屋には真新しいエアコンが設置されている。

しかし、部屋がガランとしているからであろうか。海のすぐ近くだからだろうか。

建物が古いからであろうか。

理由はいくつかあるが、とても寒い。

 

エアコンは暖房にすると乾燥するので、加湿器を買うか悩んだが、

冬の間はエアコンを使うことをやめ、以前から憧れていた

灯油ストーブを購入することを決意した。

人生初の灯油ストーブだ。

早速、灯油ストーブを物色。

 

色々調べてレトロなデザインのトヨトミストーブ C Lー250を選ぶことにした。

 

どの程度の大きさが必要かいまいちわからなかったので、

部屋はもっと広いが、木造7畳、コンクリ9畳のものを選定。

 

濃紺に金のレトロ可愛いデザイン。安心の日本製! 

 

レインボーストーブは30年以上の歴史があるらしい。

七色の炎と月明かりの炎を継承した美しい炎とあったが、

ずっと見ていても飽きないくらい炎が美しい。

橙白色から青色の輪っかが段々に現れる。

本当に癒される。

 

さらに、灯油タンクにもこだわりを。

よく見かける赤いタンクと赤いポンプではなく、カーキ色のタンクにカーキ色のポンプ。

空気圧で組み上げてくれるのでとっても便利。灯油がピタッと止まる。

 

さらに優秀なのは五徳を乗せて、やかんで蒸気を発生させ、加湿器がわりにしたり、

焼き芋をしたりできること。

そう、加湿器も兼ね備えることもできるのだ。

癒されつつ、実用的。

 

普段使うことがなかった道具を利用することで、色々なメリットが見えてくる。

これもまた、二拠点ならではの贅沢だと思う。

 

後日、やはり部屋の大きさに対し、このストーブのパワーだけでは

足りないくらい部屋が寒く、もう一台検討しなければならなくなったのはまた今度。。。

 

1時間に1回の換気は忘れないように。

換気は年中こまめにする。重要ですね。

二拠点生活 海拠点での生活ルーティーン

 

f:id:umibe_remort:20200622203625j:plain


二拠点生活を始めてから、週末の過ごし方が思いっきり変わった。

土日は基本的に海の見える拠点を中心に過ごすようになった。

なんだか、いつもと時の流れが違う気がする。ゆっくり時が流れているような

あっという間に時が過ぎているような。。。

 

こちらにきてからというもの、朝起きる時間がとても早い。早い時で4時半くらい。

小鳥のさえずり、春から夏にかけてはウグイスの鳴き声で目が覚める。

ああ。なんという贅沢。こんな贅沢があるのだなとしみじみ。

カーテンを開けると、早朝から何人も釣り糸を垂らしている。

天気が良ければ、海沿いか裏山を散歩。

 

近所にはそんなに朝早く開くお店がなく、大体早くて10時か11時くらい。

そんな中、歩いて30分くらいのところに8時開店の美味しいパン屋さんがある。

パンを買いに行く日は少し遅めに動き出し、朝の散歩がてらパンを買いに行く。

開店より少し前に到着するようにしているが、すでに近所の人たちや

車でちょっと遠くからくる人が待っている。

どれを食べても美味しいが、レーズンとクリームチーズのパンや

貝殻の型やハートの型がついたクリームパンがお気に入り。

シンプルなパンや季節折々の地元の食材を使ったパンもとても美味しい。

タコのパンは、ラー油の味が聞いていてとっても美味しくてお酒のつまみにも合う。

後は、焼き立てのアップルパイを3時のおやつに買って帰る。

朝早くに開けてくださるパン屋さんは超貴重なのである。

 

パン屋から戻ると、コーヒーをドリップしてパンをいただく。

コーヒーもハンドドリップのために近くのカフェに教えてもらいに行ったり

道具をそろえたり。この話はまた別の時に。

 

お腹を満たしたら、日中はとにかく歩いたり、バスで周辺をあちらこちら探索するか、

部屋で海を眺めてボーッとするか。

 

夕暮れになって部屋に戻り、夕食の支度。

飲食店にいくにしても、歩いて行ける近場には数件、他はバスに乗って

いかなければならない。日中活動しているので、夜はそんなにしょっちゅう

出かけて食べるということはしない。

 

実はこの部屋、ガスの火力が弱く、換気も弱いという料理をする環境と

してはあまり満足できない状態。これは引っ越してからわかったこと。

なのでこちらでは、非常に簡単なものしか作らない。電子レンジを駆使したり、

ワンプレートでいけるものだったり、冷凍食品にお世話になることが増えた。

普段、ほとんど冷凍食品を使ったことがなかったので、最近(?)の冷凍食品

のバラエティの多さと美味しさにびっくり。

特にお気に入りなのが、味の素のザ★®シュウマイ。

肉汁がジュワッと出てきてジューシーな上、竹の子の食感もよく、味わい深い。

みなさん、気づくかもだが、私は中華料理店で出されても

たぶん冷凍食品だと気づかない・・・

全部で9個入っていて、2人で分けて食べると4つと5つ。

最後の一つを譲り合う形になるのだが、食べたいのを我慢して譲る切なさ。

ニチレイの本格チャーハンも美味しい。スープをつけて、本格中華セットの出来上がり。

というように、冷凍食品そのままでいただいたり、チルドやパスタソースや

諸々駆使して、新しいレシピ開発を楽しんでいる。

 

夜は、日が落ちれば真っ暗。目の前、海なので本当に真っ暗。

こちらの拠点にはネット環境を整備。テレビを持ち込まず、プロジェクターをつないで、

壁に映像を写して見ている。大画面で見られるのは最高だが、

明るいうちはうまく見えないので、夜しか見ない。

 

食事後、少しの時間テレビを見たり、コンテンツを見たりして、

10時すぎに寝る支度をして早めに就寝。

 

このように、もう一拠点よりも2〜3時間くらい早い時間帯で動くのが

こちらの拠点でのルーティーン。

 

 

二拠点生活 交通費のこととか

 

f:id:umibe_remort:20200618173910j:plain

 

二拠点生活をしていく上で交通費がどのくらいかかるのかというのは気になるところ。

拠点を持つ際、どういう考え方で拠点を持つかによってかかる経費は大きく異なる。

 

これは、どういう目的で二拠点生活を始めるかというところと大きく関わってくる。

 

・仕事や都合上、どうしても必要だからというケース

・そのエリアに惚れ込んで、ここに住みたいと思うケース

・趣味があって、その趣味を行うのに適したエリアを選ぶケース

・完全移住前のお試しで選ぶケース

・子育てのことを考えてエリアを選ぶケース

 

人によって様々だと思う。

 

私の場合、以前から好きで、ことがあるごとによく通っていたエリアに初めから絞っていた。

住むところから海が見えるというのが一番の条件で、

気が向いたらすぐにいくことができる近郊。

 

ケースに当てはめると、そのエリアに惚れ込んで住んでみたいと思った口である。

なので、移動にかかる電車代、バス代、車でも有料道路金額はさほど大きくはない。

普段の仕事や働き方を変えず、週末を中心に毎週のように活用するスタイルなので、

滞在はトータルして月に5〜10日程度で、1回の滞在期間は短いという形になる。

となると、交通費は4往復分。1回1,000円程度として1万円弱/人といったところ。

 

一方、遠方に拠点を構えている場合は、当然時間と交通費がかかるわけだが、

移動の回数コントロールや滞在の割振、仕事の仕方をそれに合わせ

うまくやりくりされているのであろう。

交通費という面では高くても、居住費や物価が安いかもしれない。

 

トータルバランスで自分の身の丈で実現できそう、

かつ、何よりも「こうしたい」が実現できるものをチョイスすれば、

あとは色々起こることさえも楽しむだけ。

 

日本の場合、居住は一拠点でという前提がある中で様々な制度が作られている。

税制もそうだし、会社の制度も同様である。

最近は、会社によってはリモートワークを許容しているところが増えてきてはいるものの、

まだまだ少数であった。

今回のコロナ禍で、取り急ぎ、暫定的にリモート対応を行なっているところがほとんど。

社会全体が大きく変化せざるを得なくなったことによって、企業は制度のあり方や

業務のあり方を見直ししている最中だと思う。

しばらくはトライアンドエラーが続くのだろう。

 

ここ数日、今回のことを契機に移住したいという意向を持つ方々が増えている

というニュースを目にする。

拠点を移動するということが制限された今回を経験すると、今後、移住のための

お試しとかすっ飛ばして完全なる移住という選択の方が増えるのかな・・・

 

 

 

二拠点生活 始める際に前もって調べておくべきこと

 

 

f:id:umibe_remort:20200616233400j:plain


二拠点生活を始める際、必ず事前に確認すべきことの一つは交通状況である。

特に公共交通機関である電車とバスの状況。

朝の混雑状況、本数、帰宅時の混雑状況、終電・終バス時間は確認しておきたい。

 

私の住んでいるエリアはバスと電車を使わなければならないエリアで、

バスは時間通りにバス停にこないことが多く、時間が読みづらいというのが

事前学習でわかったこと。余裕を持って出ないと予定時刻に到着できない。

 

以前の記事で周辺を探索する際、公共交通機関をお勧めしたのは

この事前学習も兼ねてのことである。

 

もちろん、事前だけではわからないこともある。

朝は電車についても本数は多いが乗り入れや接続が多く

遅れがちであるということや、季節性の混雑などがそれである。

夏は観光で来られる方も多く、道が混み、時間を要する傾向があるなど、

一通り経験して初めてわかることも。

しばらくして、知り合いになったこちらから通っている方に

座れる時間や車両の情報を教えてもらい、とても助かった。

 

そして、事前確認すべき事項のもう一つ。それは、ゴミ出しルールである。

これは、超重要!

市区町村で分別の仕方が違ったり、有料でゴミ袋を買わねばならなかったり、

回収日もとうぜん違うわけで・・・

 

それぞれの拠点でのルールを正しく理解し、きちんと対応すること。

当たり前のことは丁寧に。常に気持ちよく生活することを心がけたいと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二拠点生活 リモートワークに必要なもの オンライン会議編

 

f:id:umibe_remort:20200613092608j:plain

 

リモートワークに必要なものといえば、インターネット環境とパソコン。

そしてよく利用するのが、Google MeetやZoomなどの

各種オンラインビデオ会議サービスである。

 

会社のデータにアクセスできるかどうかなど環境整備も必要だろうが、

今日はオンライン会議について。

 

私も相手方に合わせて様々なオンラインビデオ会議サービスを使っているので、

落ち着いたら整理したいなと思っているが、うまく進行するには

ちょっとした慣れやコツが必要である。

 

数えてみたら7つのサービスを利用してた・・・

 

それぞれ、ちょっとずつ同時で映し出せる人数の違いや、

チャット機能、挙手機能など細かな部分が違っているのを事前に把握して、

会の進行方向を決めておくとスムーズ。

 

また、発言しない人は基本ミュートにし、発言する際にマイクをつけ、

名前を名乗ってから発言するとわかりやすい。

ファシリテーションする側も全ての人々の様子を見渡しつつチャットを確認しつつ

では難しいので、質問が来ている場合は、サポートするメンバーを決めておき、

そのメンバーが質問内容をファシリテーターに伝えると良い。

 

また、便利なものとして、ZoomやTeamsには背景を変更できる機能が

搭載されており、プライベートに配慮した形でオンライン会議ができる。

 

パソコンによっては、背景がグリーンでないとうまく背景が映らない、

透けてしまうという現象が起きる。

そのため、慌てて緑の布を買いに行った人も少なくないようだ。

さらに、アパレルからは専用の緑のTシャツが販売されていたり。

 

企業の面白い取り組みとしては、バーチャル背景の提供なんかが挙げられる。

自分の気に入った画像を設定する上で、素敵な部屋の画像を探している人は多いが、

IKEAが無料でギャラリーを提供していたりする。

 

まさにプロダクトプレイスメント。

自社製品で作られたインテリア写真が選べるようになっており、

そこから自分の好きなテイストの部屋を選ぶことができる。

 

また、商品の値段も載っており、気に入ったものがあれば実物をオンライン

もしくは店舗で購入することが可能なのだ。

 

しかも、テレビ会議映えするちょっとしたコツまで教えてくれている。

 

・顔に光を当てること

 これは、確かにそう思う。顔色や肌つやがよく見える。

 

・カメラの位置を上げること

 これもその通り。下を向いている状態より、カメラと目線が合う高さに

 調整した方が相手を見て話をしている感じになるし、写りも良い。

 

さらに、上記を解決するソリューションとして照明や位置を上げるための台が

紹介されている。

 

私は、普段MacBook Airを使っているが、MAJEXTANDという極薄スタンド

を使っている。

 

普段パソコンを持ち運びする方々やオンライン会議をされる方には

ぜひお勧めしたい。

 

装着方法は、パソコンの裏にテープを剥がして貼るだけ。

 

 

私はMacに直接つけたくなかったので、ハードクリアカバーを装着し、

カバーにMAJEXSTANDを貼り付けているが、全く問題なし。

 

使用方法も真ん中の穴に指を引っ掛けて引っ張り出すだけ。

好みの高さに調節することができるのだ。

 

この超便利なスタンドを利用し、カメラの位置を上げ、

顔映りを気にしつつ、オンライン会議に勤しんでいる今日この頃である。。。

 

二拠点生活 地元のコミュニティを知るために

 

f:id:umibe_remort:20200614210131j:plain

 

ようやく身の回りのものが整い、いよいよ本格的な生活がスタートした。

まずは、周辺および近隣のスーパー、コンビニ、飲食店、朝市などを調べて

足を運ぶことにより、何がどこにあるのか、どういう人々が生活しているのか

というのが見えてくる。

 

不思議と遊びでしょっちゅう通っていた時と感覚が全く異なる。

 

実際に自分がこのコミュニティで生活をしていくという意識を持っていると、

マナーやルールなど、感じとるものが違う。

そして、それを学ぼうという姿勢でいることが何よりも大事だと思う。

 

移動はなるべく徒歩もしくは公共交通機関を使うことがお勧め。

車だと、駐車場所や時間が気になってしまって集中できないものである。

 

趣味があるのであれば、同じ趣味の人が集まる場所を探してみるもよし、

周辺エリアの地元の人がよく顔を出す場所に出向くのも良い。

 

運よく1度目から話すきっかけがあり、近所に越してきたことを話すことできれば、

次回以降、お話をしやすくなる。

 

そうすると、あそこ行ってみた?あそこに行くとこういうのがあるよと

地元の人しか知らない情報を提供してくれる。

 

とはいえ、忙しそうなのにこちらの都合を押し付けるのはだめ。

相手の状況をきちんと踏まえた上で敬意を持って話すきっかけを得るのが重要。

 

このエリアは移住してきている人も多く、同じ経験を持っているからか、

そういう人々に対して優しく、おおらかな印象がある。

 

一人お話ができる人ができるとどんどん輪が広がっていく。

 

以前、お話する機会をいただいた方が

「悩むんだったらやってみればいいだけ。

いくつになっても遅すぎるということはない。

だって、今日はこれからの人生において一番若いのだから。」

というアドバイスをくださった。

 

繋いでいただいたご縁を大切に、自分たちもいつか何かを返せる時がくればと思う。

 

新しい出会い、新しい体験、新しいことの学び。

 

二拠点生活の醍醐味である。

 

 

二拠点生活 家電製品の選び方

f:id:umibe_remort:20200613092608j:plain

 

先日整理したリストの中で、購入することに決めたのは

冷蔵庫と電子レンジと掃除機と電気ケトル

 

やっぱり家電は自分のなかで条件を整理した方が選びやすい。

 

まず、デザインはシンプルで統一感を持たせたい。

 

入居の時に気づかなかった部屋の問題。

それは、ガスが強火にならないことと換気扇がとても弱いこと。

あんまり料理には向かないのだ。

 

となると、ちょっとした料理しかできないし、

冷蔵庫は小さめのもの、電子レンジも設置場所を考え、冷蔵庫の上における大きさのもの、

いわゆる一人暮らし向けの家電を中心に探すことにした。

 

一人暮らし用の容量は100〜250リットルが一般的らしい。

 

冷蔵庫の上に電子レンジ設置することができるよう、トップテーブルが

耐熱のものを選ぶということは必須だ。

 

合わせて、冷蔵庫のドアの開閉が左右変えられるものにしておきたい。

住む部屋によって、使い勝手が変わるから。

 

上記理由で、冷凍食品を駆使するであろうことが想定されるため、

冷凍庫がしっかり別であるものにしたい。

 

また、電子レンジは、ただ温めるだけではなく、トーストができるものが欲しい。

 

条件の整理は終了。

 

いつもは価格コムで金額チェックしてネットでポンポン買ってしまうのだが、

在宅できる日が限られており、ネットでも配送日指定はできるものの、

うまく合わせられない可能性があるため、久しぶりに家電量販店に足を運んだ。

家電量販店に行くと異様にテンションが上がる。

余計なものが欲しくなるので極力行かないようにしているのだ。

 

早速、白物家電売り場に。

今回お目当てのものに行き着く前に、最新炊飯器やらオーブンレンジやらの

実演が行われていて、すでにソワソワ。

 

いけない、いけない。誘惑を振り切り、冷蔵庫売り場へ。

最初に上げていた条件に合ったものを探すために店員さんにご相談。

そう、相談できるのが店舗の醍醐味。

 

私の条件だとシャープのものがピッタリだと教えてくれた。

 

・左右の扉付け替えが簡単に出来る「付け替えどっちもドア」

・庫内が明るくて見やすいLED庫内灯

ワンルームでの設置を考えた静音化設計

・耐熱100℃のトップテーブル

 

冷凍庫も、まあまあの容量。(欲を言えばサイズ上げないといけなくなるし)

 

店頭で試しにドアの付け替えを試させてもらった。

金具を外して少し上に持ち上げて外し、反対側に付け替えて金具を差し込むだけ。

本当だ、自分でも簡単にかえられる。完璧。デザインもシンプルで素敵。

これに決定!

 

 

さて、次は電子レンジ。

 

うちにあるものは大型でフル機能のもの。つい、そういうのが欲しくなる・・・

けど、ここは我慢。最低限の機能でシンプルかつお値段がお手頃なものを。

 

ということで、同じシャープで選ぶことに。

スタイリッシュデザイン&シンプル簡単操作。

ちゃんとトーストも5分で焼けるしノンフライ揚げ物なんかもできるらしい。

うん。これもシンプルで素敵。(↑これの白)

 

予算よりも高くなってしまったけど、気に入ったものが見つけられてよかった。

 

シンプルな家電は、選択肢が多く、無印良品ニトリ他、多くの企業からも出ているし、

お値段ももっとお手頃で10万円以内で他の家電含めてほぼ全て揃う設定。

後から考えれば、そういうのでもよかったな・・・

 

予算オーバーしたので、掃除機と電子ケトルは

±0のスティック掃除機とバルミューダの電子ケトルをクレジットカードのポイント

で交換しゲットすることにした。

欲しかったものがポイントで交換できたのでラッキーということで。。。