海辺リモートLIFE 〜海辺で二拠点生活〜

海辺での二拠点生活。築35年の中古マンションをリノベーション。二拠点生活やリモート生活、リノベーションに関することを紹介。

二拠点生活 部屋のテイストを決める 家具えらび編

家具を選ぶ基準は人それぞれだけれども、私は今回、長く使えるような良いものと

お手頃なコスパの良いものを組み合わせて選ぶことにした。

 

どんな雰囲気にするか?

当面はこの部屋で使うが、今後、違うところで使い続けるかもしれない。

ということを踏まえつつ、とはいえ、海が見えるというのは変わらないこだわりなので

そんな部屋で使いたいテイストで整理することにした。

 

カリフォルニア風、シンプルモダン風、ヴィンテージ風。本当に迷う。

InstagramPinterest、RoomClipでイメージを膨らませつつ、物色。

 

色数を抑えて、チグハグにならないようにした方がきれいにまとまるという結論に至り、

ソファー、テーブル、チェア、ミラーは西海岸テイストに合うような

ヴィンテージっぽいトーンや素材を合わせるということにした。

 

ネットで色々見て、実際の店舗に複数回足を運んだ。

ソファーは、オイルドレザーとアイアンの組み合わせのもの。

また、テーブルも古材とアイアンの組み合わせ。

椅子はベンチタイプの同シリーズのものにして、低反発の

丸いクッションにシンプルなカバーをかけたものを用意した。

 

f:id:umibe_remort:20200612112207j:plain

 

 ちょうど、配送料無料、10%オフキャンペーンを開催中であったため、

その期間中に購入することにした。

サイズを計って、問題ないであろうとソファーは3人掛けサイズを選定。

2人掛けより座面が広く、横幅が30センチ大きい。

店頭に置いてあるのがこのサイズだったので、イメージがつきやすかった。

 

苦労して選んだソファーが届く日、ウキウキして待っていたところ、指定時間に

配送の方がきてくれた。

 

そこで、大問題が発生。部屋は測ったのだが、エレベーターの奥行きチェックが甘かった。

エレベーターの高さ的には問題ないと思っていたが、入り口が低く、

寝かせると奥行きが足りず立てることができず、どうやっても入らない。

何度かチャレンジしてもらったが、どうしてもダメなので、泣く泣く

持ち帰ってもらうことになった。

即刻店舗に連絡。担当の方に謝罪し、状況をお伝えしたところ、

もう一つ小さいサイズで良ければすぐに手配してくれると。

事前に確認されたのに本当に申し訳なかった。

 

そんなこんなで、ご好意のおかげで、待望の予定より少し小さなサイズの

ソファーが改めて我が家に届いた。

 

エレベーターは奥行きのチェックがとても重要!

初めての失敗に改めて勉強させてもらった。

 

ベンチは家具屋さんの方にあったのでそちらでオーダー。

テーブルは同ブランドのシリーズの一つ前の型のサイズが気に入っており、

店舗にはなかったのでネットで探したところ、アマゾンで見つけることができた。

こちらはアマゾン経由で買うと、自分で組み立てるとあったが、

特に問題ないかなと思い、そちらでオーダーした。

 

しかし、運が良いことに、たまたま具屋さんの配送とアマゾンの配送が

同じタイミングかつ同じクロネコヤマトさんが運んできてくれた。

本来、自分で組み立てなければならないであろうテーブルも

丁寧かつ手際よく組み立ててくださって助かった。

 

対応してくださった皆様が本当に親切で、なんだかとっても感激した。

 

一方、ベッドは圧縮マットレスとフレームに足だけのシンプルなもので

お値段をかなり抑えたものをニトリで購入することに。

 

 

 

自分で組み立てするタイプでマットレスもすごく圧縮されて届く。

こんなに小さくなるんだ!とびっくり。

 

ベッドも簡単に組み立てることができた。

 

ふるさと納税寄付でいただいたAir Weaveを普段は自分たちのベッドの上にひいて使用し、

お客さんが来たときは、それを敷布団がわりに使えるようにした。

滅多に来ないので、こんな手抜き対応(汗)

 

これで、大物は揃った。

 

次は電化製品を買いにいこう。

二拠点生活 最低限、生活に必要なものって?

f:id:umibe_remort:20200611164634j:plain

 

さて、いよいよ契約も終わり、生活に向けての準備が始まった。

 

ハウスクリーニングに入っているとはいえ、やはりまずは掃除をしないと

新しい家具はいられない。

 

家中、掃除機かけとクイックルワイパーかけ、雑巾がけに着手。

雑巾掛け、つらいなー

ウェットシートって軽くならいいけど、ガッツリ水拭きしたい時は物足りない。

普段の家でも、雑巾掛けが結構苦痛だった…ので入手したのがこれ。

 

クルクルコードレスモップ

 

 

 

これは楽チン。こまめにパットを洗って使えば床もさっぱり。

腰も痛くならないし、コードレスでスイスイいける。

水が飛んだり、もっといいのも出てるみたいだけど、私はこれで十分だった。

 

その他、購入やもう一つのうちからストックを持ってくるにあたり最低限、必要な物を検討。

色々あれば便利だけど、これくらいあればいいかなー。

まだ、兼用もできる部分もあるので減らせそうだけど。

 

f:id:umibe_remort:20200611160446j:plain

 

挙げてみて、洗濯機は諦めることにした。うちにもって帰って洗おう。

二拠点だから、諦められる物ってあるなとつくづく思う。

ちょっといけば、WASH&FOLDのようなおしゃれランドリーなんかもあるし。

wash-fold.com

 

きれいで通いやすいし丁寧に使い方教えてくれる。

これまためちゃくちゃ便利。大型の布団とか丸洗いできちゃうし、

普段の洗い物はもって帰って、大物やタオルなんかにうまく活用していくことにした。

 

炊飯器もお鍋で代用することに決定!

 

一気に揃えるのではなく、無理なく気づいた物を徐々にいるものから揃えよう。

でも、家具は先に揃えなければ。

部屋のイメージを決める重要な要素。

安いものとこだわるもののハイブリッドにすることにした。

 

 

二拠点生活 部屋を借りる どんな手続きが必要なんだっけ?

久々の不動産賃貸。

あれ?部屋借りるってどうするんだっけ。学生の時以来だから全く覚えてない。。。

必要経費の準備と契約のために不動産屋さんに出向いて契約手続きする時間が必要。

 

私の物件の場合、

敷金   1ヶ月分

礼金   1ヶ月分

仲介料  1ヶ月分

家賃   日割り分+1ヶ月分(翌月分)

管理費  日割り分+1ヶ月分

保証料  保証会社さんにご依頼すると初回は6.25万円
                 次年度から更新費用 1万円 / 年

火災保険   約1万円 / 2年

 

トータルすると結構かかる。。。

そうこうして無事賃貸契約を完了した。

 

f:id:umibe_remort:20200609085010j:plain

 

入居タイミングでわざわざ不動産屋さんが立ち会ってくれて、

傷や汚れのチェックをしてくれた。

優しい!!本当にありがとうございます!

最初からあった傷などは写真を撮っておくのをお勧めされ、写真を撮ることに。

 

 

そして、生活のためのライフライン開設契約。

ガス、水道、電気、インターネットの契約。

ガスは立ち合いが必要。水道はメーターチェックに来てくれました。

インターネットはテレビを受信する関係でJ:com。

専用のチューナーが必要なのでお家にいて立ち合わないといけない。

 

結構前もって連絡しないと希望の日で来てもらうのは難しいみたい。

余裕をもって連絡することがお勧め。

 

光熱費は最低契約金額が約2千円でネット含めて大体1万円かかる。

 

 

しかし、おうちを借りたりライフラインの契約をしたり、結構まとまった資金が必要ですね。

 

私の場合は、将来の拠点さがしとうまく見つかったら

そのまま本格居住に移行するかもしれないため、最初から普通の賃貸物件に絞ったけど

最近はADDressのような定額住み放題のようなサービスも。

色々な選択肢があるから、気軽にお試しなんてこともずいぶんチャレンジしやすくなったのかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二拠点生活 まずは何をすればいいの? 物件探し編

f:id:umibe_remort:20200609091849j:plain


好きな場所に拠点を持ちたい。と思い立ったはいいですが、

本当にこの地域に住みたいのか?

遊びで訪問するのと住むのでは全く違うのでは?

そもそも、それって意味あるの?できるの?

と、そんな自問自答がずっと続きます。

 

そこでまずは賃貸でとにかくやってみる!ということにしました。

そして、本当に住みたくなったら、本当に拠点にしたい理想の物件に出会えたら

本格的な拠点を持とう。

焦らずに、じっくりと探すことにしました。

 

 

まず、借りる部屋の条件として、何よりも優先したのが

「部屋から海が見えること」

予算内で理想の景色が見える物件と出会えるか?

 

住みたいエリアは決まっていたので、まずは一番住みたいエリア、

そして周辺エリアを含め、海見え物件を探しました。

 

物件数が多いサイトから見つけた物件を持つ不動産屋さん、

地元に強い不動産屋さん含め目星をつけて連絡をしました。

 

週末にまとめていくつかの物件を見ることができるようにアレンジし、

効率よく比較ができるようにと動いていたのですが、

探し始めてわかったのは、このエリアの物件数がそもそも少ないこと、

さらに条件に合う物件はとても少ないこと。あったとしても

予算内でそういった物件に出会うのは相当困難であるということでした。

 

この条件でかつそんな金額じゃ無理でしょということなのでしょうか?

地元の海が見える物件を多く扱う不動産屋さんに飛び込んで

お話をすると、まったく取り合ってもらえないなんてことも。。。

 

あとはタイミングも重要です。

気に入った物件は、とにかく早く見に行ってすぐに決める覚悟がないと

他の方が申込を入れてしまいます。

迷っている暇はありません。

 

最初のうちは、いろんなサイトを見ては連絡を入れて見にいくを繰り返していましたが、

この方法は中々厳しい。

 

そんなこんなしていたとき、とても話がしやすい担当の方と出逢うことができました。

海前の気になった物件の問い合わせを入れたところ、残念ながらそのお部屋は

空いていないとのこと。

でも、二拠点生活の妄想含め、将来的な拠点探しのために物件を探していることも

その方は親身に話を聞いてくれました。

というのも、その方ご自身も都内からそのエリアに拠点を移しおうちを建てた

ということがわかりました。

同じような価値観で、どうしたいのかっていうところまで踏まえて、

探してくれる心強い味方を得ることができました!

 

ある日、その方からお電話があり、「きれいじゃない物件なんですけど」

「古いのでお好みじゃないかもしれないんですが」

とある物件を探してきてくださいました。

きれいじゃない、古い。。。いったいどんな状態なんだ???と思いつつ、

見学に出かけて行きました。

 

その日の衝撃は今でも忘れられません。

部屋に入ったら、窓からは一面の青い海と富士山。

入った瞬間にここに決めた!と思いました。

 

事前に古いですよというお話を聞いていましたが、建物自体は古いのですが、

リフォームしたばかりでレトロではあるものの、全く気になりません。

駐車場、管理費も込みの家賃も相場よりお安い。

でも何よりもこの景色!!!!! 

 

すぐに申込を入れたのはいうまでもありません。