海辺リモートLIFE 〜海辺で二拠点生活〜

海辺での二拠点生活。築35年の中古マンションをリノベーション。二拠点生活やリモート生活、リノベーションに関することを紹介。

二拠点生活 リモートワークに必要なもの オンライン会議編

 

f:id:umibe_remort:20200613092608j:plain

 

リモートワークに必要なものといえば、インターネット環境とパソコン。

そしてよく利用するのが、Google MeetやZoomなどの

各種オンラインビデオ会議サービスである。

 

会社のデータにアクセスできるかどうかなど環境整備も必要だろうが、

今日はオンライン会議について。

 

私も相手方に合わせて様々なオンラインビデオ会議サービスを使っているので、

落ち着いたら整理したいなと思っているが、うまく進行するには

ちょっとした慣れやコツが必要である。

 

数えてみたら7つのサービスを利用してた・・・

 

それぞれ、ちょっとずつ同時で映し出せる人数の違いや、

チャット機能、挙手機能など細かな部分が違っているのを事前に把握して、

会の進行方向を決めておくとスムーズ。

 

また、発言しない人は基本ミュートにし、発言する際にマイクをつけ、

名前を名乗ってから発言するとわかりやすい。

ファシリテーションする側も全ての人々の様子を見渡しつつチャットを確認しつつ

では難しいので、質問が来ている場合は、サポートするメンバーを決めておき、

そのメンバーが質問内容をファシリテーターに伝えると良い。

 

また、便利なものとして、ZoomやTeamsには背景を変更できる機能が

搭載されており、プライベートに配慮した形でオンライン会議ができる。

 

パソコンによっては、背景がグリーンでないとうまく背景が映らない、

透けてしまうという現象が起きる。

そのため、慌てて緑の布を買いに行った人も少なくないようだ。

さらに、アパレルからは専用の緑のTシャツが販売されていたり。

 

企業の面白い取り組みとしては、バーチャル背景の提供なんかが挙げられる。

自分の気に入った画像を設定する上で、素敵な部屋の画像を探している人は多いが、

IKEAが無料でギャラリーを提供していたりする。

 

まさにプロダクトプレイスメント。

自社製品で作られたインテリア写真が選べるようになっており、

そこから自分の好きなテイストの部屋を選ぶことができる。

 

また、商品の値段も載っており、気に入ったものがあれば実物をオンライン

もしくは店舗で購入することが可能なのだ。

 

しかも、テレビ会議映えするちょっとしたコツまで教えてくれている。

 

・顔に光を当てること

 これは、確かにそう思う。顔色や肌つやがよく見える。

 

・カメラの位置を上げること

 これもその通り。下を向いている状態より、カメラと目線が合う高さに

 調整した方が相手を見て話をしている感じになるし、写りも良い。

 

さらに、上記を解決するソリューションとして照明や位置を上げるための台が

紹介されている。

 

私は、普段MacBook Airを使っているが、MAJEXTANDという極薄スタンド

を使っている。

 

普段パソコンを持ち運びする方々やオンライン会議をされる方には

ぜひお勧めしたい。

 

装着方法は、パソコンの裏にテープを剥がして貼るだけ。

 

 

私はMacに直接つけたくなかったので、ハードクリアカバーを装着し、

カバーにMAJEXSTANDを貼り付けているが、全く問題なし。

 

使用方法も真ん中の穴に指を引っ掛けて引っ張り出すだけ。

好みの高さに調節することができるのだ。

 

この超便利なスタンドを利用し、カメラの位置を上げ、

顔映りを気にしつつ、オンライン会議に勤しんでいる今日この頃である。。。