海辺リモートLIFE 〜海辺で二拠点生活〜

海辺での二拠点生活。築35年の中古マンションをリノベーション。二拠点生活やリモート生活、リノベーションに関することを紹介。

二拠点生活 まずは何をすればいいの? 物件探し編

f:id:umibe_remort:20200609091849j:plain


好きな場所に拠点を持ちたい。と思い立ったはいいですが、

本当にこの地域に住みたいのか?

遊びで訪問するのと住むのでは全く違うのでは?

そもそも、それって意味あるの?できるの?

と、そんな自問自答がずっと続きます。

 

そこでまずは賃貸でとにかくやってみる!ということにしました。

そして、本当に住みたくなったら、本当に拠点にしたい理想の物件に出会えたら

本格的な拠点を持とう。

焦らずに、じっくりと探すことにしました。

 

 

まず、借りる部屋の条件として、何よりも優先したのが

「部屋から海が見えること」

予算内で理想の景色が見える物件と出会えるか?

 

住みたいエリアは決まっていたので、まずは一番住みたいエリア、

そして周辺エリアを含め、海見え物件を探しました。

 

物件数が多いサイトから見つけた物件を持つ不動産屋さん、

地元に強い不動産屋さん含め目星をつけて連絡をしました。

 

週末にまとめていくつかの物件を見ることができるようにアレンジし、

効率よく比較ができるようにと動いていたのですが、

探し始めてわかったのは、このエリアの物件数がそもそも少ないこと、

さらに条件に合う物件はとても少ないこと。あったとしても

予算内でそういった物件に出会うのは相当困難であるということでした。

 

この条件でかつそんな金額じゃ無理でしょということなのでしょうか?

地元の海が見える物件を多く扱う不動産屋さんに飛び込んで

お話をすると、まったく取り合ってもらえないなんてことも。。。

 

あとはタイミングも重要です。

気に入った物件は、とにかく早く見に行ってすぐに決める覚悟がないと

他の方が申込を入れてしまいます。

迷っている暇はありません。

 

最初のうちは、いろんなサイトを見ては連絡を入れて見にいくを繰り返していましたが、

この方法は中々厳しい。

 

そんなこんなしていたとき、とても話がしやすい担当の方と出逢うことができました。

海前の気になった物件の問い合わせを入れたところ、残念ながらそのお部屋は

空いていないとのこと。

でも、二拠点生活の妄想含め、将来的な拠点探しのために物件を探していることも

その方は親身に話を聞いてくれました。

というのも、その方ご自身も都内からそのエリアに拠点を移しおうちを建てた

ということがわかりました。

同じような価値観で、どうしたいのかっていうところまで踏まえて、

探してくれる心強い味方を得ることができました!

 

ある日、その方からお電話があり、「きれいじゃない物件なんですけど」

「古いのでお好みじゃないかもしれないんですが」

とある物件を探してきてくださいました。

きれいじゃない、古い。。。いったいどんな状態なんだ???と思いつつ、

見学に出かけて行きました。

 

その日の衝撃は今でも忘れられません。

部屋に入ったら、窓からは一面の青い海と富士山。

入った瞬間にここに決めた!と思いました。

 

事前に古いですよというお話を聞いていましたが、建物自体は古いのですが、

リフォームしたばかりでレトロではあるものの、全く気になりません。

駐車場、管理費も込みの家賃も相場よりお安い。

でも何よりもこの景色!!!!! 

 

すぐに申込を入れたのはいうまでもありません。